ブクゲー~ゲームと本とたまに旅すれば人生満喫

ゲームや読んだ本、ぶらり旅先、その他思いつくまま

半休とか時間有休とか

どうせならしっかり1日休みを取りたいところですが、まあいつもそんな上手くいくもんではないです。そこで、上手く利用したい半休や時間有給についての考え方を記載します。

 

給休暇は1日単位が望ましい

有給休暇は、労働者の心身の疲労回復という意義を持つものです。その為取得する単位は原則1日単位であるべきというのが元々の有給休暇の考え方でした。

しかし労働者側の都合や希望として、半日単位での取得や時間単位での取得を希望する声も聞かれます。その為近年では半日単位や時間単位の有給休暇制度を設ける会社が増えてきました。こうした労働者側の声に応えることで、結果的に有給休暇の取得率向上にも幾分繋がっているもと考えられています。

 

労働基準法における半休/時間有給の取り扱い

労働基準法では、半日単位で有給休暇を付与することについては、何ら規定をしていません。

通達では「半日単位で付与する義務はない」としているだけなので、労働者が希望し使用者が同意した場合には労使協定などの有無に関わらず付与して良いとしています。

一方で時間単位の取得については、そもそもの有給休暇の趣旨にそぐわないとして消極的でしたが、有給休暇の取得率向上を目指す流れもあり平成22年の労働基準法改正で制度化され認められました。

 

半日単位での有給取得のポイント

半日単位での有給取得については特段法律の規定はありませんが、労働者の利益を損なうようなルールは許されません。例えば半日だけ有給を取ったのに、消化としては1日として取り扱うなどは認められず、0.5日の消化としなければいけません。

半日をどう捉えるかについては、午前/午後で区別するか、所定労働時間を2分割するなどが方法として考えられますが、午前/午後の場合はそれぞれの労働時間が均一でないことがある為、公平性が疑問視されることもあります。一方所定労働時間の2分割だと時間単位の取得との区別が付きにくく管理が煩雑になりがちです。また労働時間の中途で取得することは認めていない為、「朝出勤して2時間勤務し、半日有給で4時間休み、その後また会社に出社して2時間勤務する」といった取得の仕方は認められていません。

 

時間単位での有給取得のポイント

元々は1日単位でしっかり休みを取って英気を養ってくださいというのが有給休暇の意義なので、時間単位での取得は本来の主旨から外れた利用のしかたと言えます。その為時間単位での取得に関しては一定の要件を設けています。

 

  • 労使協定等を締結して、運用ルールを明確にしておくこと。
  • 時間単位での取得は1時間単位で、年間5日分までに留めること。
  • 会社は時季変更権を時間単位有給でも利用できること。
  • 会社からの計画付与は出来ないこと。

 

時間単位の有給は1日未満で未消化となった場合でも、時間単位で翌年度に繰り越すことが可能ですが、時間単位で取得していいのは1年間で5日までです。

 

個人的には時間有給はない方が望ましいかな?

結局、出社する為の用意する時間や移動時間は減らないですからね。

自分の一日の時間を増やすにはやっぱり、ちゃんと有給休暇とりたいものです。