ブクゲー~ゲームと本とたまに旅すれば人生満喫

ゲームや読んだ本、ぶらり旅先、その他思いつくまま

革命のファンファーレ~芸人の本だからと読まず嫌いして申し訳ございませんでした。

と、タイトルの通りどうせタレント本だろうと思って、放置してたキングコング西野 亮廣 さんの「革命のファンファーレ」を読みました。結果読んでよかった。

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

読まず嫌いよくない・・・仕事で広告に携わる身として、参考になる部分が大いにありました。

好感度についての考察が秀逸ですね。信用度と好感度は全く違います。

皆さん知っているはずなのについつい忘れてしまう、お金は信用を具現化したもの。

日々の生活の中でこれって忘れちゃんうんですよね。

 

私の場合は努力嫌いなんで、いかに楽に生きるかを考えています。(毎日遊びたいんで)そのためのヒントもあります。他人の時間をどう自分の時間として取込むか、西野さんの「えんとつ町のプペル」の制作過程は色々な職業や生き方に応用可能です。

 

ホリエモンこと堀江 貴文さんの思想や著書と被る部分もありますが、お二人は仲良いんでしょうね。考え方も共有されている感じがします。

 

こんどは二人の対談本「バカとはつきあうな」も読んでみたいですね。

 

まあ、この二人は嫌われるのも信者が出来るのもわかる気がします。